オーラルセックスにおける不衛生な包茎のデメリットとは?

汚い性器を舐めたい!という人はほとんど居ません。好きな人のペニスやヴァギナを口でしてあげたい、そういう奉仕の心は男女ともに持っているものです。しかし、どんなに愛している人の性器でも、恥垢が溜まっていたり異臭を放っていたりすれば、舐めることに躊躇してしまうのではないでしょうか。
特に包茎の場合は不潔になりやすく、女性からフェラを嫌がられるケースも…。オーラルセックスにおける、清潔管理の大切さと包茎ペニスの取り扱いについてご説明します。
オーラルセックスで嫌なことNO.1は…
オーラルセックスをする側が最も嫌だと思っていることはなんだか知っていますか?それは、相手の不潔な性器を舐めることです。人間には防衛本能がありますから、異臭を放つモノや奇妙な味のするものを口にすることはありません。また、見た目的におかしい物を舌でペロッとすることはまずありませんね。ですから、不潔な性器を舐めたい!と思うのはマニアでも無い限りありえないのです。
ましてや、性器というのは生殖行為に加えて「排泄行為」をするための器官でもあります。小便をするペニスやヴァギナ、大便をするアナルなど、考えたらけっこう不潔になりやすい部分が性器なのです。プレイの前にシャワーを浴びない…そんな状態でオーラルセックスをするというのは、便器を舐めるのと一緒の行為とも考えることができます。
夏場の汗で蒸れてしまい異臭を放っている、カスがついている、そんな性器を舐めるなんて、どんなに好きな相手のものでも嫌なことなんですね。
不潔だとリスクもたくさん!
不潔な性器を舐めることは精神的に大きなストレスとなります。それだけでなく、身体的にもリスクがけっこうあるんです。ニオイがきつかったり恥垢が溜まっている状態というのは、雑菌もかなり繁殖しています。そんな不潔な部分をオーラルセックスをする…大量の菌を体に取り込んでしまっていることと同じ行為ですよね。
あまりにも不潔な性器を舐めれば、腹痛や下痢に嘔吐などの症状に見舞われることもあるでしょう。また、蒸れた状態の性器は傷もつきやすいですし性病感染リスクが高まる傾向にあります。不潔な状態の性器には、色々と危険なことがあるということですね。
包茎は不潔になりやすい?
包茎ペニスは不潔になりやすいと言われています。包皮に包まれた亀頭が、蒸れて雑菌が繁殖しやすいからです。事実、ズル剥けペニスに比べれば、カリ周辺に恥垢も溜まりやすいですし、夏場に皮を剥くと、すえた臭いが出やすいといえるでしょう。
女性の中にも、包茎ペニスは不潔だから舐めたくない…という人がけっこういます。包茎だからって必ずしも臭いとか汚いというわけではないのですが、そういうイメージがあるんですね。せっかくのオーラルセックスにケチがついてしまう可能性があるといえるでしょう。
常に清潔を保ちましょう!
包茎だとフェラしてもらえない…というわけではありません。男性がヴァギナやクリトリスを責めて、相手を感じさせたい!と思うのと同じように、女性だってフェラで男をイカせたいという欲求があります。たとえ包茎でも、好きな人のペニスであれば舐めたいと思うものなのです。
しかし、マナーとしてなるべくならば不衛生な状態は避けたいものです。包茎はどうしても不潔になりやすいですから、エッチをする時にはなるべく清潔な状態でいられるようにしましょう。プレイ前のシャワー洗浄はもちろんのこと、日々のお風呂で包皮の中も十分に洗っておきましょう。ニオイの素の大部分は恥垢ですから、カリ周辺を綺麗にしておくことを意識したいものですね。