オーラルセックスも下手だと不快になる

オーラルセックスは、ノーマルセックスとは違った快感があるため、好んで行う人も多いものです。特に男性は、女性にしてもらうと疲労が少ないこともあって好きな人が多いでしょう。しかし、下手なやり方ではいくらオーラルセックスでも、不快になることがあります。ポイントを外していたり、攻め方を間違えていたりすると逆効果になるのです。2人で快感を高めるためにも、もっと技を磨いていきましょう。
オーラルセックスならではの快感
オーラルセックスには、ノーマルセックスに無い快感があります。ノーマルセックスは特に男性が付かれてしまいますが、オーラルは楽なので快感に集中しやすいというメリットもあるでしょう。ひとたびオーラルセックスの快感を知ってしまうと、ノーマルセックスが面倒に感じるのもわかります。

それに、オーラルセックスの方が細かな刺激の使い分けができるので、快感を得やすいというのもあります。背徳感が強いのも、大きな特徴と言えます。イケナイことをしているという思いが、快感をさらに高めているというわけですね。もうオーラルセックスでないと、イケないという人がいても仕方がないかもしれません。

自由にコントロールしやすい・疲れにくい・背徳感を覚えるなど、オーラルセックスならではの快感は、多くの男女を虜にしていると言えるでしょう。だからこそ、いろいろなハウツー本やAVでの演出がなされているわけです。

でも下手だと不快なだけ
しかし、誰もがテクニックに優れているわけではありません。中には、微妙にツボを外してくる人もいます。ただ刺激をするだけで、まったく快感を覚えないこともあるでしょう。相手の気持ちを考えず、一方的に行ってもいいわけがありません。

それに、下手だと不快になってしまう人もいます。気持ちを集中したくても、下手過ぎて気持ちよくなれないのです。オーラルセックスの目的は、快感を求め合うことしかありません。挿入を伴うノーマルセックスのように、子どもを作るという目的はありえないのです。だからこそ、快感を追求するために行っているのであって、そもそもの快感が得られないのなら意味が無いと言えるでしょう。

どんなやり方がいいのかお互いに磨こう
カップルなら、お互いにどんなやり方がいいのか話し合ってみるといいでしょう。話題にしにくい間柄では、残念ながら快感を追求することは難しいものです。相手に不満を持ちつつ関係を続けても、いい結果になるとは思えません。オーラルセックスにかんしても、不満があるのなら、できるだけ早く解消するに越したことはないのです。

どんなやり方がいいのか、どうする方がいいのか実際に試しながら話してみるとムードも高まります。2人がこれからもいい関係でいて、満足するオーラルセックスをしたいのなら、ぜひ話し合ってみてください。恥ずかしいのは最初だけです。お互いが満足するためにできることを始めましょう。

まとめ
オーラルセックスは、ノーマルセックスとは違った快感があるものです。ノーマルセックスには無いメリットもたくさんあるものですが、下手である場合は不快なだけに終わってしまいます。ただやればいいというものではないのですから、お互いにどこをどうするといいのかテクニックを磨き合いましょう。オーラルセックスも、うまい・下手の差が大きいのは事実です。しかし、快感を高めるためには精進あるのみですよ。