アナルセックスをするために覚えておきたいこと

膣への挿入と違ってアナルには独特の快感があります。できるようになればプレイのバリエーションも広がりますしマンネリ化の防止にもなります。しかしアナルセックスを楽しむためには色々と注意すべき点も存在します。しっかりと頭に入れておきましょう。
生挿入は絶対に厳禁
最近はピルの登場によって生でエッチをするカップルも増えてきています。性病に気を付けるなどの注意点はありますが、特定の相手とだけならば快感も強いですしセックスが楽しくなることでしょう。ではアナルの場合はどうでしょうか?肛門は排泄口であり、脱糞をする場所です。人間の排泄物には大腸菌がたくさん潜んでいるのはご存知だと思いますが、腸壁にもかなり張り付いているのです。脱糞感がない時には肛門付近に排泄物はほぼ存在しませんが、目に見えない菌はたくさん潜んでいるのです。ですから生でアナルセックスをするなんて暴挙は控えましょう。尿道口であったり挿入によりできた細かな傷から雑菌が入り思いもよらない病気になることもあります。
アナルはしっかりほぐそう
肛門は本来挿入をする場所ではありません。中から出す分には菊門も開きますが、外からペニスを挿入する際には開きにくくなっています。無理に入れようとすると肛門が切れたり痔になったりしますので気をつけましょう。
アナルセックスの前にはしっかりとほぐすことが大切です。そのためにはまずお風呂に入って肛門を温めて柔らかくするようにしましょう。肛門付近を指の腹でマッサージし血行を良くしてください。その後はローションをたっぷりと塗ってサックを指に装着してほぐしていきましょう。まずは一本だけ挿入して円を描くようにゆっくり無理の内容に広げていってください。最終的に指三本まで入れば準備はOKです。
膣と違って挿入しにくい!
アナルは膣と違って非常に挿入しにくい場所です。排泄口なのですから当然ですよね。そのため女性側の「ほぐす準備」だけでなく、男性側の「ペニス準備」も必要になります。当然ですがフニャチン状態では挿入することは不可能です。しっかりと勃起をさせておきましょう。また膣と違って性感が独特です。人によっては「刺激が少ない」と感じるかもしれません。そのため中折れなどの問題も出てきます。そうなるとアナルファックは終了となりますので注意しましょう。ED気味だと自覚できているのであれば事前にバイアグラを服用し、しっかりと勃起を維持できるようにしておいてください。