これで男は昇天確実!上手なフェラチオの方法

本音を言えばパートナーのフェラチオがあまり気持ちよくない、という男性も少なくありません。愛撫が上手くいかないと、彼女のことは好きだけどセックスに身が入らず、行為後も何となく会話も少なくなってしまうという悪循環に陥りがちです。女性も嫌々やっているから下手だという訳ではなく、ただ男性器のツボが分からないために気持ちよく出来ません。ですので二人の仲が良好であるためにも、どうすれば男は口で感じられるのか、どこを攻められると弱いのかを知っておくと良いでしょう。
男もムードが重要?良いフェラの前準備
男性は「刺激が気持ち良さに直結している」と一般には言われているため、気分は関係ないと思われがちですが、実は女性と同じように気持ちがノっているかどうかはとても重要です。ですのでご婦人方は咥える前に、まずは興奮出来るようペニスの様子を口に出して伝えてみると良いでしょう。特別な言葉を伝える必要は特になく「大きい」「太い」「固い」など見たままを言うだけで構いません。「彼女が自分のものを見て興奮している」と分かるだけで、男は興奮するものです。
いかせるためには口の全てを!注意ポイント色々
いよいよ口に入れるという段階になったら、幾つかポイントを抑えて刺激を与えます。まず一つは舐め方で、裏筋をなぞるように這わしたり、亀頭を中心に円を描くように動かすようにしましょう。次に大事なのが口の形で、ただ包み込むだけでなく時にすぼめて吸ったり、吸う位置を変えて先端を刺激したりすると強い刺激を感じられます。そして最後に注意すべきは手です。つい口の動きに意識をやっていると疎かになってしまいますが、舌などを使っている合間に竿をしごくのを忘れてはいけません。亀頭が敏感であるのは事実ですが、男性器は柔らかな感触だけでなく、ある程度の強い刺激がないと射精のスイッチが入らないので「口でいかせたい」という場合には特に重要です。

フェラチオで男性を感じさせるのは簡単ではありません。なぜかと言えば、多くの男性器は日頃のオナニーで鍛えられており、強い快感に慣れてしまっているため、ちょっとやそっとの刺激では気持ちよくなれないからです。ですので彼女の口で快楽が得られない男の人は、彼女に咥える上でのノウハウを身につけて貰うと良いでしょう。上手く出来ていない気がする女性は、思い切って彼氏にどこが気持ち良いか聞き、何度か確認しながら練習してみると良いかもしれません。