気持ち良くなるクンニリングスの仕方

クンニリングス自体に特に苦手意識はないけれど、上手く出来ないという方もいらっしゃるかもしれません。愛情があれば上手い下手は関係ない、とは言うものの、やはりテクニックがあるに越したことはないでしょう。気持ち良くなりたい女性と、彼女の笑顔が見たい男性が知りたい、クンニのテクニックについて見てみましょう。
最初が肝心!違和感のない始め方を
クンニリングスは唾液をローション替わりにして舌で愛撫する技術ですが、人の性器を舐めるということに慣れていないせいか、要領良く出来ない男性が多いそうです。しかし、世の殿方が考えるほど難しいものではなく、要点さえ抑えれば簡単に上級者のテクを身につけることができます。

最初に抑えるべきポイントはクンニへの移り方です。女性は気持ちに快感が左右されますので、ムードを大切にするためにも「クンニするよ」と宣言して始めてはいけません。キスをしたり胸を触ったりしながら徐々に触れる部分を下げていき、女性器に指で愛撫をしたまま自然と彼女を寝かせます。そして横になったパートナーの足を開いてクンニリングスを始める、という流れがベストでしょう。
感じさせるための注意点
舌で刺激する時、基本的にはクリトリスを愛撫しますが、陰核を剥き出しにして舐めると強い快感を与えられますが、無理に皮を剥くと苦痛を与えるケースもありますので、相手の反応を見て判断しましょう。舐める際は単調にならないように上下左右に動きをつけて愛撫し、時折キスも織り交ぜます。早く動かすほどに気持ち良さも増しますが「優しい刺激」という舌ならではの良さを無くさないよう、常にソフトタッチであることを心がけましょう。

クリトリスへの刺激を通じて、性器がかなり濡れてきたら膣へと舌を挿入します。入れる際は左右のヒダを擦るように前後させ、円を描くように入口を舐めると上手くいきます。よく奥まで届かせようと舌を伸ばす方がいますが、舌は深い場所に届くほどの長さはありませんし、下手に口を近づけると女性器に歯が触れてしまう危険もありますので、入口付近の愛撫に留めるのが正しい方法です。上手なクンニをしたいのでしたら、あくまで刺激するのは浅い場所だということを忘れないようにしましょう。

クンニリングスの良い所は、指やペニスを使ったプレイよりも遥かに優しく、ソフトな刺激を与えられるという点です。男性はつい興奮するに連れて激しくしてしまいがちですが、女性は激しさよりも長く気持ちよくして貰うことを好みます。ですので上手に快感を与えたいという男の人は、パートナーの反応を見ながら、相手の女性に適したソフトタッチを心がけるようにしましょう、ゆっくりと時間をかけて愛情が伝わるように舐めれば、きっと相手は喜んでくれるはずです。