意外と歴史は長い!?世界のオーラルセックス事情

今では当たり前のように行われているオーラルセックスですが、一昔前まで日本ではあまり普及していませんでしたので、最近考えられた比較的歴史の浅いものと考えているかもしれません。しかし、実はフェラチオなどはかなり昔から行われており、かの世界三大美女の一人もしていたというのです。さらには世界の国々にはオーラルセックスに関する法律があったり、膣内射精の替わりとして行われています。我が国も後れをとらないため(?)に、各地で受け継がれて来た性技について見ていきましょう。
絶世の美女はフェラチオの達人だった
「世界で最も美しい女性を三人答えなさい」と言われれば、ほとんどの人がクレオパトラの名前を口にするでしょう。古代エジプト最後のファラオであった彼女が世界で初めてフェラチオをした人物、という話はあまりにも有名でしょう。一説に依ればクレオパトラはペニスを咥える達人であり、男性を自分の思い通りに操る術として性技に磨きをかけていたそうです。誰でも虜にする口で国を治めた、というと言い過ぎかもしれませんが、国を維持するのに少なからず効果があったのは間違いないでしょう。
今も昔も性欲旺盛?ギリシアの性技
エジプトに限らず、昔は多くの国でオーラルセックスは行われており、特に古代ローマではフェラチオやイラマチオを好む人が多かったそうです。当時のローマには「子供を作るのを目的としないセックスこそ素晴らしい」という考えがあったそうで、男同士の恋愛も盛んでした。当然ながら男の人は膣がありませんので、「精液を口で受け止める」ことが膣内射精の替わりに愛情を示す行為とされるようになり、結果女性が相手の時も自然と口でするというプレイが広まったようです。
フェラもクンニも不自然!?シンガポールの性事情
しかしキリスト教の普及や「人類は本能でなく理性の生き物である」という考えが一般的になったせいか、次第にオーラルセックスは普通ではない行為とみなされるようになりました。かつてシンガポールでは「自然の摂理に反する性行為を禁じる」という刑法があり、クンニもフェラも禁止だったそうです。おかげで2004年にはオーラルセックスをした警官が禁固刑を言い渡されもしました。しかし2006年末に刑法は改正され、現在では合法になったので問題はないそうです。

歴史を語る上でオーラルセックスの話は避けられない、というぐらい昔からあり、私達が予想していた以上に好んでフェラやクンニは行われていました。しかし次第に時代と共に価値観が変わり、キリスト教の影響などもあって一時的になりを潜めたようです。ですが現代になるに連れて性への考えがオープンになり、再びオーラルセックスは市民権を得ました。いつまた禁欲的な時代が来るかも分かりませんし、先人に倣って今のうちに思う存分オーラルセックスを楽しんでみてはいかがでしょうか。