どんな男も虜!?才能と練習が可能とするフェラチオのテクニック

ディープスロートは大多数の女性が出来ませんが、一度味わった男性は二度と忘れられない最高峰のフェラチオ・テクニックです。なぜ多くの人がやらないかと言うと、ある程度の才能が必要で、練習しても必ず出来るようになるとは限らないせいでしょう。ですがもしかすると、今付き合っている彼女が数少ない天性のフェラチオ上手かもしれません。才能を開花するかどうかを見るためにも、とりあえず練習法を知ってみてはいかがでしょうか。
ディープスロートの定義って?
知っているつもりで実は詳しくは理解していない、ということは性技では良くありますので、まずはどういうものかを確認しましょう。ディープスロートとは喉を性器のように使って男根を刺激するテクニックのことで、男性は愛液でいっぱいの膣に入れているような快感を覚えます。行えるのは性経験をかなり積んだ女の人、もしくは性産業で働く人物か、生まれついてのフェラチオ好きぐらいでしょう。気持ち良い反面、彼女のテクニックの巧みさに男性遍歴を考えてしまう男の人が多いのも、あまり行われない理由の一つかもしれません。
才能を開花させるためには?
では大まかな定義が理解出来た所で練習法に移りましょう。訓練で最も必要なのは「諦めない気持ち」とパートナーへの深い愛情です。ディープスロートは喉を酷使するため、激しい嘔吐感と反射的に異物を押し出そうとする舌の動きを抑えなければならず、相手への強い思いがなければ練習を続けられません。

また喉の奥までの挿入はデリケートな口内を傷つける可能性も高いので、無理に入れると性病感染の危険もありますので「出来ない」と感じたらすぐに中止することも大切です。初めはいきなりペニスでやるのではなく、まずは魚肉ソーセージなどを使って吐きそうになるのを耐えることから慣らし、大丈夫になってきたらアイスキャンディーなど徐々に太く固いものへと変えていきます。女性が嘔吐感を我慢出来るようになり、呼吸のリズムなども把握出来たと感じるようになったら実際に男根で行いましょう。重ね重ね言いますが、お互いに相手を思いやり、無理だと感じたらすぐに止めることが大事です。

男に生まれたら一度は味わってみたいディープスロートですが、女性に多くの負担をかけるため、無理強いは出来ません。どうしても試したいという紳士淑女の皆様は、相手に良く理解して貰った上で徐々に慣らしながら行うようにしましょう。練習をしたから必ず出来るようになるというものではなく、ある程度の才能が求められますが、もし見事可能になれば、きっと男の人は今まで感じたことのない最高の快感を得られるでしょう。