デカチンVS粗チン、女がフェラしやすいのはどっち?

デカいペニスを舐めさせたい!という気持は捨てたほうが良いです。女性の口は思ったほど大きくはなく、あまりにデカチンだと頬張るだけで苦しくなってしまうもの。テクニックを駆使することは難しく、フェラをしたなぁという達成感が女性の中で薄れてしまうのです。
オーラルセックスしやすいペニスの大きさはどれくらいなのか考えてみましょう。
デカいペニスには憧れがある
男にとってデカいペニスは憧れがあります。他人よりも大きい、たくましい、持続力がある…そんな男性器を持てれば、男性にとって大きなプライドとなることでしょう。
しかし、ほとんどの人は理想とは程遠く、自分の大きさには満足していません。日本人の平均サイズが13cmくらいと言われていますが、その前後くらいの人たちは「もっとデカくなりたい」「欧米人並みのサイズが欲しい」と常に思っているものです。ペニス増大器具やサプリメントが売れる理由はそうした、男のプライドと関係しているためなのでしょう。
女はあまり大きさをに関心がない?
とはいえ、ほとんどの女性はそれほど男性のペニスの大きさには関心がありません。もちろん、黒人並みの迫力があるデカい男性器を一度は見てみたい!という気持はあるでしょう。中には試してみたいという思いから、外国人と遊びのセックスをする女性もいます。ですが、そういった方はほんの一部でしかありません。ほとんどの女性は、好きな人のペニスは大きくても小さくてもそれほど関係ないものなのです。
女性はどっちの方がフェラしやすい?
では、大きさとフェラのしやすさには関係があるのでしょうか?男としては、デカいペニスを口いっぱいに頬張って涙目になりながらフェラをする女性の姿というのは興奮できるものです。AV男優のデカチンを咥える女優を見て性欲を掻き立てられない男性はそういないのではないでしょうか。つまり、男としては、デカいペニスをフェラさせたい、苦しそうに咥える姿を見たいという願望があります。
一方で、女性としてはあまりに大きいペニスは困ってしまうと考えています。たとえば長すぎるとちょっと口に含んだだけで喉の奥に達してしまい、ストロークのたびに嗚咽が出てしまいます。イラマチオなんてされようものならば、苦しさのあまり怒ってしまうかもしれません。太すぎる場合も、顎が外れそうになったり、息苦しくなったりと苦労してしまうものです。つまり、あまりデカすぎるペニスはフェラには向かないということなんですね。 逆に小さすぎるのも困りモノです。舌技を駆使しようにも、ミニマムサイズだと舐めにくいですし、どこをどう責めているのかわからなくなってしまいます。口いっぱいに頬張ることはできますが、「フェラをしたなぁ」という達成感が薄い場合もあるでしょう。
そういうことから考えると、一般的なサイズである13cm前後くらいが、実は一番ちょうどよい、フェラをしやすい大きさであると言えるのではないでしょうか。
大きさよりも固さが重要?
また、フェラをする際には固さもけっこう重要なポイントとなります。フニャチンだと腰がありませんから、舌で舐めようとするとペニスが逃げてしまいます。意気込んでフェラをしようとしても、固さのないペニスはテクニックを披露しにくいんですね。
固さがあれば、亀頭やカリ・竿といった各部分がくっきりしてきますから、女性も口内で確認しながら舐めることができます。形がハッキリしていることから、舌技も使いやすくなるのです。ですから、大きさがどうこうではなく、オーラルセックスでは、むしろペニスの固さのほうが重要なんですね。