男がクンニしやすいアソコの味と臭いにする方法

女性にとってクンニは最上級の愛撫の一つです。単純に性感帯への刺激による、身体的な快感もあるでしょう。それに加えて、性器を舐めてもらっているという優越感や、責められることで得られるM的な良さも味わうことができます。女性からすれば、クンニは出来る限りして欲しいプレイの一つといえるでしょう。
しかし、クンニが苦手という男性は少なくありません。しょっぱい愛液の味が苦手だったり、特有の匂いが得意でなかったりと理由は人それぞれ違います。また、女性器に幻想を抱いていて、現実の生々しいヴァギナを目の当たりにしてショックを受けてしまってクンニができない…そういう経験の浅い人もいます。
さらには、単に面倒くさがりで、サッサと挿入だけして気持よく射精したいからオーラルセックスをしない、そんな一人よがりさんもいるんですね。いずれにしても、クンニを苦手とする男性は少なくないのです。
愛液の味は変えることができる?
愛液の味は基本的にしょっぱいものです。「甘い蜜の味」なんて例えをする人もいますが、現実的には体液ですから塩味がメインとなります。女性から分泌されるものはなんとなく神秘的で美味しもののような気がする…そういう幻想を抱いている男性ほど、愛液のしょっぱさに苦手意識を持つようです。
味が原因でクンニをしてくれない男性を、舐め好きにさせるにはどうしたらいいでしょうか?単純に、愛液の味を変えてしまえば良いのではないでしょうか。実は人間の体液というのは、普段から食べているものに大きく影響されます。たとえば、肉や脂っこくて味の濃いものをたくさん食べている人は塩気がキツくなったり、苦味などが出るようになります。逆に、魚や野菜などヘルシーな食生活を送っていると、しょっぱさが抑えられて舐めてもそれほど辛くなくなるものなのです。フルーツなど自然の甘みがある食物を食べていれば、香りがフルーティになります。匂いの演出により、愛液も甘く感じるようになるでしょう。
臭いを抑えるお手入れ方法
匂いが苦手という人もたくさんいますね。体臭と同じく、愛液の香りは個人差がありますし、自分では気が付きにくいものですね。ひとまずは、味を変える時と同様に、ヘルシーな食生活を送ることである程度の匂いを抑えることができます。また、適度に運動をして汗を流せば、老廃物と一緒に臭いの物質も体外に排出されます。愛液もそれほどニオわなくなることでしょう。
プレイ前のシャワーでしっかり洗浄しておくことも重要なポイントです。男性器と違い、女性器は体の内側に入っています。そのため、非常に蒸れやすくて臭いがこもりやすいものなのです。汗をたくさんかいた日にはしっかりと洗っておかないとすえた臭いが出てしまいます。
綺麗に洗浄すると言っても、石鹸で膣の中までゴシゴシと洗うのは良くありません。膣内には雑菌を抑制する成分が分泌されていて、常に清潔を保たれています。石鹸で洗いすぎてしまうと、膣内の大切な成分も流れてしまうので、雑菌がわきやすくなり、逆に臭いがキツくなることがあるのです。ですから、プレイ前は外性器部分は石鹸で、ヒダや膣内はシャワーで流す程度にしておくのがベストといえるでしょう。