アナルセックスで肛門がゆるくなる?

アナルセックスには、いくつかのデメリットがあります。たとえば、肛門がゆるくなってしまう可能性があるということです。肛門は、本来大便をするための器官なのですから、外から何かを入れるということには対応していません。あくまでも、排出に特化しているからです。セックスは、無理やり挿入する行為なのですから、肛門が悲鳴を上げるのは当然でしょう。
アナルセックスで広がる肛門
肛門は、生殖器ではありません。本来は、消化器の末端なのですから、排泄に特化しているのです。当然、出すことしか考えていないので外部から挿入するための器官ではないのです。そのため、肛門は柔軟性がほとんどないというわけですね。もちろん、便が通るぐらいには広がりますが中から広がるのであって、外から無理やり広げられるのには慣れていないのですう。
極めて特殊な状態と言えるでしょう。しかも感染する原因のほとんどがオーラルセックスであり、掛かる場所も風俗などではなく自宅やホテルなど、パートナーを相手とした性交で病気になる人ばかりです。

もしも、強引に挿入したら切れてしまいます。そうでなくても、度重なるアナルセックスのために広がってしまうことは十分にあります。慣れてくると、広がったままで縮みにくくなることでしょう。いったん広がったものは、なかなか縮みにくくなるのは仕方がありません。
極めて特殊な状態と言えるでしょう。しかも感染する原因のほとんどがオーラルセックスであり、掛かる場所も風俗などではなく自宅やホテルなど、パートナーを相手とした性交で病気になる人ばかりです。

特に挿入しようとするものが太いのなら、広がり方も大きくなるものです。すると、なんとなくいつも締まっていない感じがしたり、違和感を覚えたりすることもあります。アナルセックスは、肛門にとっては大きな負担になる行為だということは事実なのです。気持ちいいからといってやり過ぎると面倒なことになりますよ。
便が我慢できないこともある
アナルセックスで肛門が広がってしまうと、厄介なことがあります。たとえば、大便をがまんしにくくなってしまうということです。私たちは、便意を催したときにトイレで排泄するまで我慢できるものです。肛門には括約筋という筋肉があり、意識的に締めていることで大便が漏れないようにしているのです。
極めて特殊な状態と言えるでしょう。しかも感染する原因のほとんどがオーラルセックスであり、掛かる場所も風俗などではなく自宅やホテルなど、パートナーを相手とした性交で病気になる人ばかりです。

しかし、アナルセックスによって肛門の筋肉組織が切れ、ゆるんでいるとうまく締めることができません。結果的に、トイレに間に合わずに漏れてしまうこともあるのです。大勢の前で恥をかくこともあり、本人にとってはこれ以上ない屈辱にもなりかねません。アナルセックスを好む人は、急に催さないように便意をコントロールしてください。
緩み防止のトレーニングを
アナルセックスを好む人は、緩まないようにトレーニングをするといいでしょう。意識的に肛門を締めるようにして10秒間キープしてください。次にゆっくりと息を吐く用にゆるめたら、再度10秒間締めましょう。10回から20回程度を1セットとして毎日行うことをおすすめします。
極めて特殊な状態と言えるでしょう。しかも感染する原因のほとんどがオーラルセックスであり、掛かる場所も風俗などではなく自宅やホテルなど、パートナーを相手とした性交で病気になる人ばかりです。

すぐに効果が出るものではありませんが、続けていくうちに緩みの悩みがなくなっていることがわかるはずです。アナルセックスをするのなら、自分で対策をするしかありません。ただ広がりを悩んでいるだけでは、何も解決しませんよ。
まとめ
アナルセックスは、肛門をゆるくしてしまうことがあります。普段はそれほど問題が無くても、排便を我慢しづらくなるなど、困りごとがあるのも事実です。肛門がゆるくなったのではと感じる人は、緩み防止のトレーニングをするなどして対応しましょう。また、無理に入れるとゆるくなるだけでなく、裂けることもあります。肛門科のお世話になりたくないのなら、行為を自重することも大切ですよ。