性のプロたちはどのようにアナルを手入れしているのか?

性のプロ…江戸時代でいえば遊女たち、現代でいえば風俗嬢たちですね。いまや風俗においてAFは定番かつ極上のオプションプレイとして認知されています。日に日にその人気も高まっていて利用するお客も増えているようです。
そうした人気の裏で、アナルを酷使する嬢たちはそのお手入れにかなり気を使っています。アナルセックスのために彼女たちがどのような準備をしているのか?プロがやっているアナルお手入れの方法をご紹介します。
商売道具の手入れを怠らない!それがプロ!
プロフェッショナルは自分が使う道具の手入れを決して怠ることがありません。ゴルファーならばクラブを磨き、軸のブレなどがないかチェックをしています。F1でも車の整備をしっかり行うことが事故を防ぎ、より良い記録を作る土台となりますね。
同じように、風俗嬢たちも商売道具である自らの肉体をケアすることを忘れてはいません。巨乳ちゃんならば胸をより美しく、型崩れしないようなブラを着用するでしょう。手コキ店の子ならば爪を綺麗に整えるかもしれません。そしてAFをする嬢たちは、日々のアナル手入れをしっかりとおこなっているのです。
肛門は本来ペニスを挿入する場所ではありません。ですから、使い続けるたびに無理が積み重なっていき、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。末永く自分の体で稼ぐために、風俗嬢たちはアナルを大切にお手入れするのです。
風俗嬢のお手入れ術
性のプロたちはどのようにアナルのお手入れをしているのでしょうか?実際によく行われているケア方法をいくつかご紹介していきます。

・お風呂で入念にマッサージ
最もよく行われていて、アナルケアの基本ともなるのがお風呂でのマッサージです。肛門は挿入に不向きのため、その入口はとても狭くなっています。ですから、お風呂で温めながらゆっくりと菊門や周辺の筋肉を柔らかくしておかなくてはいけないのです。入念にマッサージをしておくことで、肛門が柔らかくなり広がりやすくなります。アナルセックス時に無理やり広げられることがなくなるので、怪我をしにくくなるのです。

・ローションで保湿をしっかりと
保湿もアナルケアでは基本的なものの一つです。肛門を柔らかく広がりやすい状態にしておいても、挿入され続ければ細かいキズがつきます。そのため、菊門周辺はカサブタができたり乾燥しやすくなったりするのです。乾いてしまうと肌の伸縮率が落ちますので、さらなる裂傷を促す危険性があります。そうしたことを防ぐために、肛門は毎日適度に保湿しておかなくてはいけないのです。

・お腹の調子に気をつける
便秘や下痢に気をつける嬢も少なくありません。肛門へのペニス挿入は腸を強く刺激します。そのため、下痢になっていると行為中に便意をもよおす、最悪の場合は粗相をしてしまうこともあるのです。また、便秘だとアナルをピストンされる度にお腹が苦しく感じます。鈍痛ではありますが、それが長く続くのは不快に感じることでしょう。
日頃から消化に良い物を食べ、出勤前や行為前に直腸洗浄するといったお手入れはお客のためにも嬢のためにも必要なことなのです。

・オナニーで肛門をいじる
日頃からアナル性交に慣れるため、オナニーの時から肛門を使うという嬢もいます。やはり膣とは違って、お尻はそれほど性感が強くありません。AFをやり始めの時には、快感よりも苦痛の方が大きい場合もあるでしょう。せっかくならばお客と一緒に楽しみたいのが嬢の心理。少しでもアナルの感度を高められるように、肛門オナニーをする人はけっこういるのです。